扁桃肥大

いびきと関連のある、扁桃肥大について説明しています。


扁桃腺(へんとうせん)というのは、口を開けたときに見える部分に
あります。
口の奥のほう、のどの辺りで左右に見える部分です。
正式には口蓋扁桃(こうがいへんとう)といいます。

一般的にはこの口蓋扁桃を扁桃腺といいます。

また、「扁桃腺」という呼ばれ方をしますが、実際には扁桃組織には
腺はないため、扁桃と呼ばれるのが正式だそうです。

そしてこの扁桃が肥大しているのが扁桃肥大です。

口蓋扁桃もアデノイドと同様、リンパ組織からできていますので、
免疫系の働きをします。
やはり、子どものころは大きめなのが普通で、成長とともに小さく
なってきます。

症状も、ほとんどの場合はありません。

しかし、いびきの原因となることがありますし、子どもの場合、
あまり大きいと、ものを噛んでもその後なかなか飲み込まない
という症状として現れることがあります。

扁桃が膿んでしまっている場合は化膿性扁桃腺炎といわれますが、
これは細菌に感染していることが多いです。
高い熱が出ることがあります。

いびきがひどい場合は睡眠無呼吸症候群も考えられます。
子どもの場合は、成長に影響することもあります。
明らかに症状がある場合、耳鼻咽喉科で相談をされるとよいでしょう。