マウスピース「スノアガード」

マウスピース「スノアガード」の説明です。


「スノアガード」は、本来鼻呼吸ができる方で、寝るときには口を
開けてしまう癖のある方向けのマウスピースです。

南アフリカのthe Witwatersrand大学歯学部に勤務していた歯科医
Elemer Verres博士が開発を行い、1994年には、英国いびき及び
睡眠時無呼吸協会から高い評価を受けています。

欧米では、10年以上、いびきの防止に活躍しているといわれています。

スノアガードは、自分で自分用の型を作ってから使用します。
型は、数分で作れます。
作り方は、熱いお湯にスノアガードをひたし(20〜30秒程度)、
その後唇と歯の間に入れます。
そして、口の中の空気を吸い込むようにしながら、口の回りを指で
押さえます。こうすると型ができます。

使用するときは、寝るときに、やはり唇と歯の間に入れ、口の中の
空気を吸い込むようにします。
そうすると舌の先が歯の裏側に密着し、舌がのどのほうに落ち込まない
ようになります。

使用の目安は7〜8ヶ月ほどです。

色は、薄いグリーンがかっていますが、向こう側が透けて見えます。

材質は、エチレンビニールアセテートです。

ネット通販等で購入できます。

「スノアガード」
1個入り 5,000円程度
です。