肥満といびき

いびきと関連のある、肥満について説明しています。


いびきの原因として考えられるものの1つに、肥満があります。

肥満の場合は、体全体に脂肪がつき、太るのは当然のことなのですが、
のどの周りにも脂肪がつきます。
あごや首周り全体も太くなります。
二重あごになったりもしますね。

さらに外から見えるところばかりではなく、舌までも太らせてしまい
ます。

こうなると脂肪そのものによって気道が狭くなってしまうのです。

鼻やのどに原因がある場合は、原因となっている部位の肥大などを
手術で取り除ければいびきは改善されます。
また、病気がなくても、鼻がつまりやすい、寝るときは口を開けやすい、
といった場合には、様々な器具により改善を図ることが可能です。

しかし肥満の場合は、手術で脂肪を取り去るということはできません。
ほうっておくと、睡眠時無呼吸症候群につながる可能性もあります。

今は健康診断などでもメタボリックシンドロームかどうか、チェック
することができるようになっていますね。

まずは肥満とならないように気をつけること、肥満の場合には食事
療法、運動療法を行い、ダイエットをしていくことがいびき解決の
早道です。

なお、自分はやせているからいびきはかかないと思ったら、そんな
ことはないんです。
鼻中隔湾曲症、口が小さい、あごには脂肪がついていて二重あご……
等、そのような条件があるといびきが起こりやすいです。