飲酒といびき

いびきと関連のある、飲酒について説明しています。


あなたはお酒を飲むでしょうか?

実はお酒もいびきの原因となることがあるのです。
ビール、ワイン、日本酒、お酒を飲む方にはどれもおいしいもの
ですが、これらアルコール類を飲むと、気持ちがよくなり眠くなる
ことはないでしょうか。

飲んだときの体調によっては、だるくなることもあるかもしれま
せん。

アルコールには、筋肉の緊張を和らげる作用があります。
同時に、血管を広げる作用もあります。
このために、鼻がつまりやすくなったりします。
鼻に病気がある方の場合はなおのことではないでしょうか。

筋肉の緊張が和らぐと、体はリラックスしますが、あごやのど、
舌の筋肉もゆるみますので、睡眠時には上気道内が狭くなります。
結果としていびきが起こりやすくなります。

また、鼻がつまると、体は口で呼吸しようとするようになるので、
なおさらに舌が落ち込む条件となります。

旅行の宴会で大酒を飲み、そのまま寝たら、日頃はいびきをかくと
言われない人でも、大いびきだったと言われたことはありませんか。

よくいわれることですが、飲酒はほどほどにして、寝る直前には
禁酒を。
酔いつぶれるほど飲んで寝ることのないように気をつけましょう。
お酒がやめられないなど、アルコール依存症になっている場合も、
改善が図れるようにしていきましょう。