薬の服用といびき

いびきと関連のある、薬の服用について説明しています。


薬(睡眠薬、精神安定剤、筋弛緩剤など)がいびきの原因となる場合
があります。

睡眠薬、精神安定剤は筋肉をゆるめる作用があり、筋弛緩剤はその
名前のとおりです。

この、体の緊張がゆるむということが、いびきにとってはよくない
場合があります。
のどの周りの筋肉も弛緩し、舌も力が抜けるためにのどのほうへ
落ち込みやすくなります。

とはいえ、これらの薬が必要な場合もあるでしょう。
いびきを気にするあまり、これらの薬をやめてしまっては、
もともとのつらい症状の改善ができないこともありますし、
通常、自己判断でこういった薬を急にやめると、症状が強く出る
場合があるといわれています。

鼻やのどに病気がなく、上記の種類の薬を服用し、どうもいびきが
起こるということでしたら、いびきを軽減させる器具を利用してみる
のも一つの方法でしょう。

また、このような薬は医師により処方されますので、あまりに
いびきがひどいようでしたら、筋弛緩の強度は薬によって様々です
ので、医師と相談をされるとよいと思います。

なお、残念ながら、何かの錠剤を飲み続けて、いびきをかかなく
なるということはありません。

何かの錠剤を飲んで、いびきをかかなくなるということはありません。

何が原因でいびきが起きているのかを見極めていくことが大切です。