寝方でいびき対策

寝方によるいびきの対策について説明しています。


寝ている間も生活の一部と考えると、いびきが起こる睡眠中にこそ
寝方を工夫して生活改善すると、いびきも改善できることがあります。

「寝方といびき」の項目に書きましたが、いびきは横を向いている
ときにはかきにくいので、横を向いて寝るようにします。

ただ、これだけですと、上を向いて寝るくせがついている方の場合、
寝入るときにはしっかり横を向いて寝られるようになったとしても、
寝返りを打ってあお向けになってしまい、気づいたときにはしっかり
上を向いて寝ていた、ということもあることでしょう。

そこで一工夫をすると、横向きで寝ることができるようになります。

背中の側に、タオルを丸めたものやクッションなどを置いておくと
いう方法があります。

ただ人間は、眠っている間でも、邪魔なものはよけることができる
ようで、朝起きてみたら、背中側に置いておいたはずのものが随分
はずれて置かれていた、という場合もあります。

その場合はタオルを入れたリュックサックを背負って寝るというのも
方法です。

横向きで寝るため専用に、背負うグッズも発売されています。

また、枕にもいろいろあり、横向きで寝やすい高さになっているものや、
いびきをかいたら教えてくれる枕なども発売されています。

上向きで寝始めたら教えてくれるベルトもあります。

予算も含めて、ご自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。