睡眠時無呼吸症候群の合併症−脳卒中−

睡眠時無呼吸症候群の合併症(脳卒中)について説明しています。


脳卒中とは、脳血管障害ともいわれ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、
一過性虚血、高血圧性脳症などの総称のことです。

脳出血は、脳内で血管が破けてしまうものです。
急激に、手足に麻痺が起こったり、昏睡状態となったりします。

脳梗塞は、脳内の動脈がつまるために、そこから酸素や栄養をもらって
いた細胞が壊死してしまうことです。
頭痛やめまいがしたり、舌がもつれたり、手足がしびれたり、半身麻痺
になったりします。

現在、脳卒中の中でもっとも多いといわれているのがこの脳梗塞です。

くも膜下出血は、くも膜と、くも膜下(脳との空間)にある動脈が、
血圧が上がるなど、何らかの原因で破れてしまい、出血することです。
よく、バットで殴られたような痛みと表現されるものです。
若い人でも起こるといわれています。

一過性虚血は、脳血管がつまりそうになっているために、脳内の血液の
循環が一時的に悪くなるものです。
めまい、失神などを起こします。

高血圧性脳症は、高血圧がひどくなった場合に、脳の中でむくみを起こ
してしまうものです。
頭痛や吐き気、症状が進むとけいれんを起こしたりします。

脳卒中で意識がない場合は、大きないびきをかく症状が現れる場合も
あります。
それは眠っているのではありません。

睡眠時無呼吸症候群があると、これら脳卒中を起こしやすいといわれて
います。

無呼吸を繰り返すことにより、脳の血流に障害が起こるためと考えられて
います。