睡眠時無呼吸症候群の治療−マウスピース−

睡眠時無呼吸症候群の治療(マウスピース)について説明しています。


睡眠時無呼吸症候群で軽度から中度と診断された場合、歯科装具(マウス
ピース)の作成をする場合があります。

使うとどうなるか
マウスピースを装着することにより、下あごがわずかに前に出ることに
なります。
これがスポーツ用のマウスピースとは違うところです。

下あごが前に出ることによって、舌ののどへの落ち込みが改善される
ため、のどの部分が広がり、睡眠中に気道が狭くなったり塞がれたりする
のを防ぐことができます。

作製は歯科により行われます。
睡眠時無呼吸症候群について理解のある歯科医院が望ましいといわれて
います。

歯並びや口の大きさをよく調べて作製されます。

重度の睡眠時無呼吸症候群の場合でも、CPAP療法になじめない方の
場合は、このマウスピースを使用することもあります。

また、日頃CPAP療法は問題なく行える方でも、出張・旅行などで
CPAPの装置を持ち歩くのが大変な場合もあります。
そういったときのためにマウスピースを作っておく場合もあります。

マウスピースにより、いびきの音については9割が改善されているよう
ですが、無呼吸がどの程度改善されるかは個人差があるようです。

数ヶ月ほどして使用に慣れた際に、効果が出ているかどうか再度、終夜
睡眠ポリグラフィー検査が行われます。

顎関節症が重度であるなど、使用できない場合もありますので、
専門医・歯科医と相談しましょう。

2004年4月より健康保険の適用ができるようになっています。