いびき治療の期間

いびき治療の期間について説明しています。


いびきの治療にはどれくらいの期間が必要でしょうか。
いびきに気づいてからほとんどかかない日々に変わるまで……。
それはご自分のいびきの原因によっても変わってきます。

いびきをかくということがわかったら、まずはご自分でできることから
対策をとってみましょう。

寝るときの方向、鼻呼吸ができるように口を閉じられるようにして気道
が狭くならないように心がけ、必要でしたら器具を使うことも考えま
しょう。

様子をみて、治まっていないようでしたら受診することも考えましょう。

肥満を意識していて体調が優れない方は、ご自分でも対策をとるのと
並行して受診をしたほうがよいかもしれません。

日中の眠気やだるさがひどい場合には睡眠時無呼吸症候群が疑われる
ため、問診を行い、睡眠中の検査を行うかを決定します。

検査の結果によって必要な器具がアドバイスされたりします。
無呼吸がひどいようでしたら、睡眠中の呼吸を助ける器具の使用が検討
されます。

原因のある部位がわかればその部分の治療に入ります。
手術が必要な場合は、術後落ち着くまでの期間がかかります。

また、例えば歯科的にマウスピースを作るようになると、それを作る
際の口内、歯の検査、型とりが必要になります。

肥満が原因の場合は、ダイエットをして脂肪が落ちていく期間も
考えなければならないでしょう。

快適な睡眠のためです。
あきらめずに、今自分ができる内容からでも始めて、続けていきましょう。