睡眠時無呼吸症候群の治療−気管切開−

睡眠時無呼吸症候群の治療(気管切開)について説明しています。


睡眠時無呼吸症候群の治療の一つとして気管切開がありますが、
いきなりこの治療が行われることはなく、まずないといえるほどに
なってきています。

あまりにも重度の睡眠時無呼吸症候群で、生命に関わるおそれのある
場合、必要となることがありますが、非常に稀であるといわれています。

気管切開は、睡眠時無呼吸症候群の研究が始まった当初、重度の方に
対して行われることがありました。

首周りの形態・肥満の状態に関わらず、直接的に気道を確保できるので、
呼吸が楽になり、その効果は絶大です。

方法は、手術により、気管を切開したところに、パイプ状のカニューレ
といわれるものを入れます。

ですが、手術以降は、気管が直接外界とつながっている形になるため
(もちろん消毒されたガーゼで覆われていますが)、感染のリスクも出て
きます。

カニューレが気管に触れることにより肉芽ができるおそれもあります。

また、以前は気管切開をすると声を出すことができなくなりました。
(現在は、発生訓練を必要とはしますが、スピーキングカニューレと
いうものが開発されています。)

そのため、UPPPやnCPAP療法が行われるようになってからは、
気管切開が、重度の場合の第一選択とされることはなくなっています。