疲れ・ストレスといびき

疲れやストレスといびきについて説明しています。


疲れやストレスと、いびきは関係あるでしょうか?

疲れは、関係ありそうに感じますね。

遠足やスポーツなどで、とても疲れたという日には、なんだかいびき
をかいてしまいそうですね。

実際に、遠足から帰ってきたお子さんが、大いびきだったというのを
見かけた方もいらっしゃるかと思います。

体は、疲れやストレスがあると、その疲れやストレスを解消するために、
力を抜いて回復をしようとします。

緊張していた部分を弛緩させていくのです。

いびきにとっては、体の筋肉がゆるんだときに、気道の周りの筋肉も
ゆるみ、舌も落ち込みやすくなり、気道が狭くなるので、いびきを
かきやすくなります。

ですが一過性のいびきなら、大きい問題はないといえるでしょう。

その日限りの疲れなら、一晩寝て回復し、翌日から元気に過ごすこと
ができます。

強いストレスが続いてしまうようになると、少し心配ですね。
緊張が続き、いっぽう、寝るときにはのどの周りが弛緩していびきを
かきやすくなってしまいます。

多少のストレスは人生のスパイスともいわれますが、続くようでしたら
解消する方法も考えていきましょう。

ストレスがなくなったら即いびきがなくなるというわけでもありません
が、もともと鼻やのどにいびきをかきやすい要因がある方は、少しでも
いびきをかく要素を減らすことができます。