器具でいびき対策

いびきの対策に役立ついろいろな器具について説明しています。


いびきをかく原因は、体の形態・病態(特に鼻や口や首周り)と、
寝ている時の状態の関係にあります。

ですので、「今晩はいびきをかかないぞ」と思って寝る、だけでは
改善にはいたらないのです。

改善の一つの方法として、いろいろないびき対策具、いびき抑制具が
販売されています。

まず、鼻については、鼻の通りをよくするものとして、鼻の穴につけて
使うクリップが販売されています。

また、鼻の部分の皮膚を刺激し、鼻腔を広げるために鼻の上に貼って
使うテープもあります。

口についても、口を閉じて寝られるようサポートするために、唇や、
口の周りに貼るテープがあります。

また、直接口の中に入れて、下あごを少し前に出して固定し、寝て
いるときに舌がのどのほうへ落ち込みにくくするために使用する、
マウスピースも何種類かが販売されています。

あごが落ち込まないように、のどに貼り付けてあごを支えるものや、
頭からあごにかけてベルトを回し、固定してあごを支えるものも販売
されています。

いびきの改善を考えた枕や、横向きで寝られるように教えてくれる
ベルト等の器具もあります。

昼間の眠気がひどい場合は睡眠時無呼吸症候群の検査が必要ですが、
いびきの音が気になるという場合でしたら、まずは自分にあった器具を
試してみるとよいかもしれません。