睡眠障害とは

睡眠障害について説明しています。


睡眠障害というのは、
・たんに寝不足だったとはっきり理由がわかることとは別に、時間的には
眠ったはずなのだが眠くてしようがない
・突然眠くなり眠ってしまう
・夜中に何度も目が覚めてしまう
など、眠り始めるときや眠っているときに何らかの睡眠に関する問題が
ある症状の総称が、睡眠障害です。

睡眠時無呼吸症候群も、睡眠障害の一種です。

睡眠時無呼吸症候群の場合、寝ているときのいびきは、一緒に寝ている
方がいないとわからないにしても、昼間の眠気が特徴的となっています。
(昼間の眠気を感じない方もいるといわれていますが。)

そのため、もしあまりに昼間の眠気がひどいと、睡眠時無呼吸症候群
ではないかと思うかもしれませんが、ほかにも昼間の眠気が起こる
病気もあります。

ナルコレプシー、睡眠相後退症候群、むずむず脚症候群、周期性四肢
運動障害、うつ病、などがあります。

上記の病気であったら睡眠時無呼吸症候群ではない、とはいえません。
「睡眠」や「睡眠障害」という言葉を掲げている医療機関を探してみま
しょう。
睡眠時無呼吸症候群かも含めて診断をしてもらうことができます。

眠気は、特に事故につながりやすのがこわいところです。
寝不足以外の日常的な眠気については、病気が隠れていることがある
ので、原因を調べていきましょう。