お酒の飲み方の工夫でいびき対策

いびき対策のためのお酒の飲み方の工夫について説明しています。


飲酒の翌日、いびきをかいていたといわれる方はいらっしゃいませんか。

ごくたまに、大目に飲んでしまったというだけならまだよいですが、毎日
のこととなると、いびきだけではなく、肝臓も心配になってきます。

もっともいわれるのが「休肝日」をつくろうということですね。
これは、肝臓のためには積極的に行いたいことだと思います。

かといって、ほかの日にたくさん飲んでしまっては、いびきにも良くない
ことがあります。

お酒の席に出なければならない場合、「運転がある」とか「飲めない体質
である」などを説明し、飲まない工夫もあります。

そうはいっても自分自身の気持ちでは日々飲みたい、という方の場合、
必ずおつまみと一緒に飲むようにして、深酔いしないようにしましょう。
また、遅い時間から飲み始めないように工夫しましょう。

アルコールの入っていないもので、好きな飲み物を先に飲んでしまうとか、
ほかに自分が楽しめることをして気持ちを紛らわせ、お酒を飲まない工夫
をしている方々もいらっしゃいます。

飲みたい気持ちが抑えられない、飲酒の量が増えていくなど、アルコール
依存症になっている場合、依存症という病気の状態なので、専門の機関等
に相談するのが望ましいです。

お酒の睡眠薬代わりはよくないといわれています。
体が弛緩しすぎて眠ると、気道がせまくなり、呼吸が浅くなり、疲れも
倍増します。

お酒の好きな方は、ほどよく飲めるように、心がけていきましょう。