派遣の人間関係の築き方

色々な職場にいかなければいけない派遣社員は、即座に、良好な人間関係を築けるスキルが求められます。 できあがった人間関係の中に、一人飛び込まなければいけません。 プレッシャーも大きいかもしれませんが、自分が働きやすく過ごすためには必要なことです。 具体的にどうすべきかを、ご紹介します。
基本的に挨拶はかかせません。 活発でない静かなオフィスでも、朝の挨拶、帰る時の挨拶はきちんとしておきましょう。 最初は丁寧な会話を心がけてください。 フレンドリーな話し方を受け入れてくれる人もいますが、社会人として未熟と受け取る人もいます。 様子を見ながら、言葉には気をつけて話しましょう。 有効なのは、「すみません」より「ありがとうございます」を使うことです。 印象がアップしますので、「すみません」が口癖の人は是非変えてみてください。 派遣社員だけでなく、受け入れる社員側も緊張するものです。 最初は自分から積極的に話しかけ、反応を見ながら対処していきましょう。

仲良くなったとしても相手の雇用体系によって、注意すべきこともあります。 まず、正社員相手には出過ぎたことをしないこと。 社内のやり方があるのに、一定期間しかいない派遣社員が口を出すとトラブルの元になります。 自分のスキルを見せ過ぎたことによって、不快に思う正社員もいます。 良かれと思うことでも、出過ぎたことかもしれないと思ったら様子をみましょう。 あくまで、派遣社員は正社員のフォロー係、主導権を握るようなことはしないでください。 派遣社員同士は、時給や待遇の話をしないことです。 同じ職場で、それらの違いが明確になってしまうのは危険な事。 どんなに仲が良くても、同じ職場にいる限りは教え合わない方がいいのです。 同様に、パートタイマーで働いている方にも時給の話は禁句です。 派遣の方が時給が良い場合が多いのですから、相手がそれを認識していても具体的な数字は言わない方がいいでしょう。

職場の雰囲気に自分を合わす努力も大切です。 無理に合わすのが難しいのであれば、顔合わせ時に雰囲気を聞いておくのもお勧めです。 静かな職場を好む人もいれば、活気のある職場を好む人もいます。 人数や男女の割合も事前に知ることもできますので、参考にするのもいいですね。 自分の性格を変えるなんて大げさなものではなく、ビジネスライクに、職場になじむ自分を演じるつもりで挑んでください。 経験を積むほどに、柔軟な対応ができるようになります。 対応の難しい人や、相性の悪い人もいるかもしれませんが、深く悩む必要はありません。 就業中だけの関係と割り切って、大人の対応をして済ませましょう。 やり方次第で、心地いい距離感の人間関係は築けます。 特に最初が肝心ですので、就業始めは上記のことに注意してみてください。